ドッグフード選び、大切なのは情報収集

f:id:jsmayamaya:20201220111653j:plain

 

2年前から小型犬を飼い始めました。

初めて飼う犬なので、ケージのサイズや室内温度の管理、散歩する時間など分からない事だらけでした。

そんな中でも餌を選ぶのには何度も迷い失敗してきましたので、今回は犬の餌選びについて書かせていただきます。

パピーの頃はペット店で教わった通りに買って与えていました。お湯で ふやかしたり、カロリーの高いもの(糖分補給の蜜や粉ミルクのようなもの)を足したのを覚えています。

うちの子は時々は食べ残すこともありましたが 基本的にはシッカリ食べてグングンと大きく育ちました。

パピー時代が過ぎて身体がどんどん成犬に近づいた頃に 初めて自分でドッグフードを選ぶことになりました。

ネットや本で調べたり ペット店で店員に尋ねたりしました。本当に商品数が多くて 迷ってしまいましたが。その時はカロリー的にも値段的にも普通のクラスのものを選んで与えました。

先に書きましたように初めて飼う犬ですから可愛くて、つい餌やオヤツを多めに与えてしまいました。

でも特別な問題は無くて、元気に過ごしてくれました。しかし、ある事をキッカケに太り始めてしまいました。そのキッカケとは 去勢手術です。

雄犬は発情すると荒くなったり マウンティングを取ったりしますが。それを抑えると大きなストレスになるんですね。

なので去勢手術をしたのです。手術は無事に成功しましたが、それをキッカケにその翌月から太ってしまいました。

ただそれでも うちの子は散歩が好きで運動量が多いので極端には太りませんでした。

去勢手術を無事に終えて、愛犬は少し太ったものの健康に過ごしていたのです。でも次は私の行動が原因で 愛犬を更に太らせてしまいました。

少しでも良いものを 少しでも美味しいものを、という思いからドッグフードを変更したのです。

値段は それまでのものよりも2倍くらい高くて、ラム肉がシッカリと凝縮された餌でした。犬は基本的に肉食ですので ガツガツ美味しそうに食べてくれました。

餌を高級なものに替えて3ヶ月後くらい経つと、また愛犬は太ってしまいました。カロリーについては ある程度は計算していたのに太ったのです。

獣医師からも定期健診で指摘を受けました。そしてダイエットのために獣医師が教えてくれたドッグフードに変更しました。

そのドッグフードは脂肪分やカロリーが低く、歯にも良いそうで うちの子の体重が増える事はなくなり落ち着きました。

やはり専門家の意見を聞くのが良いんですね。もっと早く餌のことを獣医師に相談しておけば良かったと反省しました。

犬はカワイイですから。飼主は つい美味しいものやカロリーが高いものを与えてしまいがちです。でも愛犬の健康のために しっかりと情報収集してドッグフードを選び、与える事が大切です。

ドッグフードなら馬肉自然づくりが口コミ評価も高いです。